吉祥寺シアター

記事一覧(32)

サラバ!吉祥寺シアター演劇部!!(千秋楽)

遅くなってしまいましたが、吉祥寺シアター演劇部2017、千秋楽の日誌をお届けします。8月27日は本番5日目。いよいよ『15 Minutes Made Anniversary』が千秋楽を迎えました。ひと夏をかけた我らが吉祥寺シアター演劇部もこの日が最後の舞台。みんなが誰よりもそれを感じているからか、みんな淋しそうで、おセンチな雰囲気がけいこ場を漂っています。でも、今日も本番2回、ちゃんと乗り切らないと、不完全燃焼で終わっちゃうからね、最後まで集中力ましましで頑張っていこう!本日1発目は13時開演。上演を乗り切った後は「おわりの会(アフタートーク)」のゲストという大役もありました。メインは堀越さんと吉田さんが喋ってくれますが、みんなも突然、堀越さんへのメッセージを一言ずつ求められたり、時たま話を振られたり。でもみんなしっかり受け応え出来ていたよ!そして、いよいよ千秋楽。13時の回の後に堀越さんが言っていた「最後の回も、いつも通りにちゃんとやる」という言葉を受け、舞台へ。とはいえ始まる前から泣き出しちゃう人もいましたが、舞台の上では堂々と肝がすわっていて、そしてやっぱり「最後なんだー」って気合も入っていて、力強くて愛のみなぎるとてもいい上演でした!5日間で11ステージって、とても大変だったと思うけれど、よくぞ乗り切った!!いい千秋楽を迎えられてよかったね。管理人2人も一緒に観ていた白石さんも目を真っ赤にはらしていました。。。上演を終えて、けいこ場に戻ってくると、もう何人もが泣いている…。堀越さんを囲み、いつものように車座になって座ります。一人ずつ、みんなへの思いの丈を話していると、みんなもう涙が止まりませんでした。そしてひとりひとりの言葉を噛みしめるように聞いている堀越さん。きっと、みんなのあの言葉や気持ちを忘れないと思います。そのあと、堀越さんが「用意してきた」というみんなへのメッセージを最後に読み上げます。堀越さんのあの言葉、話し方、表情、涙、みんなもきっと忘れないだろうと思います。そして、今年の吉祥寺シアター演劇部はこれにて解散!みんなは強制退部(by 堀越さん)です。でも、あんまり感傷に浸っていてもいけません!なぜならみんなのうちの8人?9人?10人?には、地蔵中毒さんに特別出演するという大役があったからデス!!!さあ、着替えて準備だ準備だとなったところで、Mr. 才能こと吉田さんから「ちょっと待って」との声が。なんだなんだ。Mr. 才能 「みんなさ、俺の名刺ほしがってたじゃん?でも、音楽家が渡すのは名刺でいいんだろうか?」と宣って、サッと取り出したのは

吉祥寺シアター演劇部 幕が上がったデス(本番2日目)

お久しぶりデス!稽古期間が終わって、すっかり日誌が止まっておりました。許してチョンマゲ。さてさて、昨夜8/23にMrs. fictions presents『15 Minutes Made Anniversary』幕が上がりました。緊張と不安、超満員のお客様、そして初めて立つ吉祥寺シアターの舞台、いくつもの試練が彼らを待ち受けていましたが、初日キラッキラに輝いていました!終わったあとに「楽しかったー」とみんなが口々に言っていて、本当に嬉しかった!!『15 Minutes Made Anniversary』は既に昨日1ステージ、本日8/24に2ステージが終わってしまいました。残りは3日間8ステージです!管理人は文字通り影からみんなの頑張りを見つめています。もうできることなんて、応援することだけだもんね。彼らはもう高校生ではなく、立派な舞台俳優として『15 Minutes Made Anniversary』で戦っています。ちょっと淋しいけれど、それでもどこか頼もしさを感じています。堀越先生も、毎ステージ誰よりも真剣なまなざしでみんなの舞台を見つめています。残り8ステージのうち、明日の朝11時からの追加公演のみお席に余裕がございます。逆に言えば、8ステージ中7ステージはほぼ満席です。『15 Minutes Made Anniversary』は、通し稽古でも思いましたが、一言で言えば「サイコー」です!!どの団体の作品も「サイコー」に面白いです。1つのイベントとして本当に「サイコー」です。ぜひともご来場いただけますと!吉祥寺シアター演劇部のみんなのために何かできないかなと思って、劇場の2階ホワイエに、「吉祥寺シアター演劇部の歩み」として、みんなの稽古写真を大きく掲載しています!それがこちら↓↓

【番外編】山上さんの稽古場レポ!!(稽古後半分)

お待たせしました!吉祥寺シアターへインターンシップに来ている山上さんによる、演劇部稽古場レポ(稽古後半分)をお届けします。演劇部初日から最終日の今日までみっちりけいこについていた山上さん、なんとインターンも今日で最終日でした。最後にみんなに一言!というと「え、何言えばいいんですか…!」と戸惑っていたシャイな彼女でしたが、実は心の中ではこんな風に思っていたようです。彼女自身も演劇が好きで、今回の演劇部をとても楽しんで熱心に見ていたこと、演劇部のみんなをすごく応援していたことが分かる素敵な文章です。是非最後までお読みください。***********お久しぶりです!インターンシップとしてきている大学2年生の山上です。今回は舞台稽古の後半戦の様子を私なりにレポートしていきたいと思います!まず、通し稽古が終わって1日後の、稽古9日目、8月18日からスタートします!準備体操が終わると、今日も堀越さんを交えて円になり、トークが始まるのです。「今日はもうやることねぇなー」と堀越さんはぐでーっとしながら、「今日なにするー?」と。そうすると、どこからかジャズのような音楽がBGMとして聞こえてきました。なんと!吉田さんが即興でこのトークにBGMを作ったそうなんです!!すごく素敵な音楽で、思わず聞き入ってしまいました、、、では、1つずつ潰していこうと言うことで、最初のシーンから始めて行きます。仕上がりにムラがあるようで、できたりできなかったりする最初のシーン。堀越さんから「3回連続で成功したら、終わり!」と言われますが、成功しそうなところまで行くと堀越さんから邪魔されます!!!成功すると、「もう絶対成功しちゃうじゃーぁああん」と、崩れ落ちてすごく悔しそう。きっと極度のツンデレなんでしょうね!!本番も成功させちゃいましょ!

家系ラーメンにんにく増し(稽古9日目)

ぬおおおおおおおおお!!!!稽古9日目えええええ残りあと3日あああああ!!貴重な時間を無駄にはしまいっのろしを上げろおおおおおおいぉぃぇぁぃぇぁぃぇ!!!!となるはずだった稽古終盤戦ですが、「今日稽古休みでも良かったんだよねー。何をやろうかねー。」という堀越さんの言葉で始まった本日の稽古。ちょっと驚きつつも、こんな言葉が出るのは、今までの稽古の成果が想像していたよりもしっかりと作品に表れてきているから。これ以上細かく細かくやりすぎると、逆に悪い方へ行ってしまうんではと堀越さんは少し心配になったようです。いつもの車座になり、吉田さんの奏でる素敵な音楽をBGMにして、「どうしようかなぁ、どうしようかなぁ」と宙を見つめる堀越さんを皆で見つめます。しばらくして、「マスター、マティーニひとつ」と見たこともない飲み物をいつものやつみたいに頼みそうになる位ロマンチックな吉田さんの音楽にひたっていると、宙を見つめたまま堀越さんがぽつりとこぼします。「鬼の細かさで、やってみるか。演劇って、それだけか。」そこで不意に止まる音楽。…な、な、なんや今の!なんや今の映画のラストシーンみたいなかっこいいのは!!笑 と堀越さんもみんなもけらけら笑い、「さ、けいこ始めるかー」「はーい!」今日も吉祥寺シアター演劇部がはじまるぞーーー!!